KompoZer

KompoZer(コンポーザー)の使い方|公開設定をヘテムルで

    KompoZer(コンポーザー)は、とても便利なHTMLエディター。

    wp0203

    ソフト本体から直接FTP接続をおこなうための公開設定について手順を追って紹介。

    公開設定サイトごと編集ができるので、先に設定しておくと楽チンです。

    サイトデータの場所

    サーバーフォルダ

    レンタルサーバーは「ヘテムル」を使います。そこにサイトを設置、これをサイトAとする。
    ヘテムルは、サイト表示は「web」フォルダ直下としているので、そこに「site_a」フォルダを設置。

    wp020301

    ローカルフォルダ

    PC上にあるサイトデータフォルダ「site_a」は、今回はわかりやすいようにデスクトップに設置。
    通常は、ご自身の任意の場所に設置する。

    wp020302

    サイト設定

    サイトの編集

    コンポーザー起動後、左枠サイトマネージャーの上あたりにある赤丸マーク(サイトの編集)をクリック。

    wp020303

    PC上にあるフォルダの場所を聞かれるのでデスクトップにある「site_a」を指定する。

    wp020304

    公開設定のウィンドウが開く。まずは一般設定。

    ローカル設定で、

    • サイト名
    • サイトフォルダ・・・PC上のデータフォルダの場所パス

    サーバー情報で、

    • サイトのhttpアドレス・・・サイトURL

    を入力。追加はサイトURLくらいで、他はすでに入力済になっている。
    サイト名はフォルダ名がそのまま入っているので修正する。

    wp020305

    入力が済んだら、次はFTP設定。赤丸部分、上部にあるタブをクリックして「FTP設定」に切り替える。

    1. まずは左枠でサイトフォルダが合っているか確認。サイト名を変更していれば、ここにサイト名が表示される。
    2. サーバのアドレス、ユーザ名はヘテムルユーザーパネルで確認。パスワードは自分で設定したものを入力。ユーザーパネルで確認ができない。
    3. パスワードを保存するのはセキュリティ上はよくない。しかし、次回以降に自動ログインしたいときはチェックを入れておく。
    4. Passiveモードにチェックを入れる。セキュリティは「SSL認証」ポートはそのまま「21」。「同期を保つ」にチェック。

    ※サーバーアドレスは、「web」を含めて対象フォルダまでのパスを入力することが必要。

    wp020306

    「OK」をクリックして確定。左枠に設定したサイトが表示される。「+」をクリックするとフォルダの中のファイルが一覧で出てくる。

    wp020307

    さっそくindex.htmlを編集してみる。

    ファイルのアップロード

    1. ファイルを指定(index.html)
    2. ファイルを編集
    3. ファイルを保存
    4. ファイルのアップロード(公開)

    wp020308

    ファイルの保存後に、「ファイルの公開」アイコンをクリック。

    wp020309

     

    「ページの公開」枠が開き、中身を確認して間違いなければ「公開」をクリック。

    ※複数サイトを登録していると、サイト名のところが違うものになっている場合がある。

    間違ったまま進むと、別のサイトの同名ファイルに上書きをしてしまうので注意!

    wp020310

    アップロードが成功すれば、下記の表示が出る。

    wp020311

     

    この表示が出ないか、もしくは別の表示になった場合は何かしらのエラーの可能性がある。

    再度、始めから進めてみよう。

    1 Star 0
    Loading...
    よかったら「いいね」お願いします。(ハートをクリック)

    広告