Miracast(ミラキャスト)でパソコンとテレビをつなぐ

16071801

Miracast(ミラキャスト)でパソコンとテレビをつないでみて、とても便利だと実感したので紹介します。

Miracast(ミラキャスト)とは?

1対1で対応機器同士を無線で通信させ、画面を転送して映し出す技術のこと。パソコンやスマートフォンの画面をそのまま大画面テレビなどに映し出します。

今回は、パソコンの画面をテレビに転送して映し出すことを行いました。需要としては、スマートフォンやタブレットで再生する動画をそのまま大画面のテレビで観たい時などが多いのではないでしょうか。

私としては、プロジェクター代わりに使ってみたいと考えた次第です。

Miracast(ミラキャスト)対応機器は?

下記についてはウィキペディアを参照。一部対応不可もあるようなので、使うときは調べてからにしましょう。

パソコンOS

Windowsでは8.1以降に対応
Macでは「AirPlay」が類似機能にあたる

スマートフォン、タブレット

アンドロイド機器では、バージョン4.2以降で対応
アイフォン、アイパッドでは専用アプリで対応可能なものあり。

ではさっそく実際に使ってみましょう。

使用した機器

今回購入したのは、プリンストンのデジ像。
ミラキャスト
アマゾンでは下記リンクから購入できます。
プリンストン デジ像HDMI Miracastアダプター PTW-MA1

付属品

本体以外に、付属品はUSBケーブル、日本語の使い方ガイドが同梱されています。

16071802

HDMI延長ケーブル

本体がテレビのHDMI端子挿入部にしっかりはまりませんでしたので、別で用意しました。

16071804

アマゾンでは下記リンクから購入できます。
ハイスピード HDMI 延長ケーブル 金メッキ 30cm HDMIタイプAオス&メス 接続コード AV ビジュアル

これを本体につないでみます。

16071805

モバイルバッテリー

テレビにUSB端子があればそこに挿せば電源供給ができるんですが、私のテレビはそれがありません。
そこで今回はモバイルバッテリーから試してみました。大きめのモバイルバッテリーはこんなとき便利です。

16071806

本体ランプが点灯して、ちゃんと電源が入りました。
アマゾンでモバイルバッテリーを探す

USBプラグ

他の方法としては、USBプラグがあります。

16071808

近くにコンセントが挿せる位置であれば、これもありです。100均ショップで200円で売ってたりします。
アマゾンでUSBプラグを探す

テレビの準備

テレビの横にHDMI端子がありましたので、そこに挿すことにします。

16071809

テレビの電源を入れる

テレビのリモコンから入力切換でHDMIのところにすると、下記の画面になっていました。テレビ側は準備OKです。

16071810

この画面になっていないで、画面真っ暗や砂嵐画面だったりした場合は

  • どこかで接続がしっかりできていない
  • 電源が来ていない
  • テレビの入力切換場所が違う
  • 機器の不良

などの原因が考えられます。

パソコンの準備

パソコン画面で解説します。

パソコンで必要なこと

  • Windows8以前では、下記機能が搭載していない場合があります。Windows8.1または10でお使いください。
  • 無線LAN機能をオンにしてください。

パソコンを用意します。Window10のノートパソコンです。無線LANをオンにします。

ワイヤレスディスプレイに接続

右下の位置にある赤枠のアイコンをクリックしてアクションセンターを開けます。

16071811

アクションセンター下部の各種メニューにある「表示」をクリックします。項目はパソコン機種によって一部異なることがあります。

16071702

「ワイヤレスディスプレイに接続する」をクリックします。

16071703

画面が変わって、接続先を検索してくれます。ミラキャストのデジ像が出てきましたのでクリック。

16071704

「接続済み」になれば接続成功です。つぎに「プロジェクションモードの変更」をクリックします。

16071705

ここで「複製」になっているか確認します。ちなみに、その他では

  • 切断(接続をやめる)
  • 拡張(2画面を使ってひとつの画面を表示)
  • セカンドスクリーンのみ(パソコンのほうは画面が真っ暗)

16071706

テレビとの接続が成功です。手前はパソコンで奥がテレビです。

16071812

ミラキャストまとめ

所要時間は5分程度で接続できました。とても手軽なのが気に入った点です。
今後は神戸開催の講座でミラキャストが活躍する予定です。